新年明けましておめでとうございます。
昨年中は大変お世話になり、本当に有り難うございました。昨年はお陰さまで、活動15周年記念を迎えることができました。北区大沢町の大沢ベースづくりとして、空き家の再生から始まり、旧建屋や蔵の撤去、トイレの設置をすることができました。これもひとえに、皆様のご理解とご協力の賜物だと心より感謝を申し上げます。

2018年スケジュール:

大沢ベースについて:
ピースアンドネイチャーは、このベースを、様々な国籍の子どもたちや若い世代が共に、日本の地域にて「食と環境」について地に足を付けて体験する、学びの場として活用してゆきます。

活動を通じ気づいたこと:
この日本の地域で活動をはじめたことで、沢山の気づきがありました。
①日本の自給率が低いこと(こんなにおいしい食がある国でなぜ?)
②休耕田と空き家の存在
③日本の子ども達は、勉強が大変で、自然の中で遊ぶ機会が非常に少ない

目標:
「ハーブガーデン」「母屋の改造による事務局と部屋」「トイレの追加とシャワー」「オープンキッチン」を作ることを、今年の11月3日(設立記念日)までに進める目標を掲げています。

年間予定:プログラムのテーマは3つ
①食と農業(今年も休耕田を再利用):田植え、ハーブガーデン、季節の野菜作り、玉ねぎづくり、稲刈り
②環境(山の活動):里山活動(六甲山)、植樹
③人間力:(楽しみ、チャレンジ、文化から学ぶ)サマースクール、学校遠足、国際学校・大学のインターンシップ受け入れ、海外の高校生受け入れ(インドからの予定)、企業研修

*バハラム・イナンルからのメッセージ:

日本の地域の魅力:
日本の地域には、日本古来の文化や風習が残っており、ここが日本人の持つ武士道や厳しさの中の優しさ、日本人の原点ではないかと、地域の人と交流するたびに気がつきました。この日本は、世界へ誇る素晴らしい文化や習慣が有ります。僕はこれを大変貴重なものだと感じています。僕の奥さんは、子どもの頃一番最初に日本人が学校で学ぶ事は、「他の人に迷惑をかけない」と言ってました。この精神は、日本のオリジナルです。他の国ではなかなかありません!

世界へ発信:
ピースアンドネイチャーは、日本人だけでなく、外国人でもこの価値を理解し、大切にしたいと思っている仲間と一緒に、この日本の小さなビレッジで、昔ながらの釜戸でお米を炊き、世界の料理を作り、一緒に同じ釜の飯を食べることで、様々な国の文化や習慣を理解するチャンスを作ります。それがゆくゆくは、平和に繋がるのではないかと考えています。日本の他の人をリスペクトする精神を学ぶ、そういう機会を設けることで、世界へ日本の素晴らしさを発信したいと思います。大沢ベースは、FUN(楽しみ)、Challenge(挑戦)、Culture(文化)を体験しながら、「食と環境」を学べる教育の場です。日本から未来のグリーンリーダーが育つ様に、頑張りたいと思います。そしてこの活動を積極的に、世界へ発信します。

メンバーシップご登録のお願い:
これからは共生の時代です。私たちのようなNPOや企業、大学、市町村が一緒になって、若い世代へ、ヘルシーな地球をバトンタッチする必要があると思います。
ぜひ皆さんもご一緒に、この活動にご理解を頂き、ピースアンドネイチャーのメンバーとして、ご登録をしていただければ幸いです。

宜しくお願い申し上げます。

NPO法人 Peace & Nature
代表理事
バハラム イナンル