Peace & Nature では、人間力開発のプログラムとして坐禅を取り入れています。3 月23 日(土)に 9 名が参加して座禅ワークショップを開催しました。先月、バハラムさんのお父様がご逝去され、この日は座禅会の後にお別れ会を行いました。

ご冥福をお祈りし参加者の皆さんで般若心経を唱和、お焼香の後、バハラムさんが挨拶の中でお父様との思い出をお話しされました。この日の作務はハーブガーデンのお手入れ。お亡くなりになって四十九日に当たるこの日にキンカンの植樹も行いました。

禅の世界では「師匠は亡くなっても弟子を導き続ける」と言われています。

これは師匠の背中を見続けてきた弟子が、その後も無意識のうちに師匠の言動に基づいた判断をすることがあるのはもちろんそうですが、弟子が成長した後に在りし日の師匠の言動にハッと気づくことがあったりするからです。バハラムさんのお父様はきっとバハラムさんやその子孫の心に生き続けることでしょう。