SDGs Action Project レポート 2020年1月25日

Peace & Nature では、①「グリーンリーダ育成」の場であるOZOベース(Eco-friendly Houses &Fields)の充実、②エコハウスのビジネスモデルづくり、③「未来の子供たちの時代も持続可能な地球であるように!」の思いを共有する仲間(企業・学生・アーティストetc.)との連携を促進するために、2020年にSDGs Action Projectを立ち上げました。

1月25日にSDGs Action Project(第2回)を大沢ベースで開催しました。今回は「現場で実践!」とのことで学生・企業・アーティスト・地域の方々が一緒になってのコンポストづくりです。里山保全を兼ねて竹伐採を行い、この竹をコンポストの底に活用。寒さのなか参加者は機転を利かせて役割を分担して板材を切り、つなぎ合わせ、コンポストボックスを完成。コメわら、コメぬか、枯れ葉、残野菜を積み重ねていき、最後に安保さんが用意してくださった発酵培養液をまんべんなく振りかけました。1か月後に観察を予定しています。堆肥の出来具合が楽しみです。