【SDGs オンライン座談会(第5回)】 (2021.5.27)

5月27日(木)、第5回SDGs オンライン座談会を開催しました。今回は姫路エリアで納豆づくりをされている相沢食産代表の相沢勝也氏に納豆づくり・大豆農業についてお話し頂き、26名が参加してSDGsについて考えました。
地元の原料を積極的に使用しており、フードマイレージ(身近でとれた作物を使用することによって原料輸送に伴う環境負荷を低減させていこうという考え)につながること、有機JAS制度の製品認証を取得してオーガニック納豆の製造もおこなっていること、有機農法では雑草・虫の対策が大きな課題であり、また農作物の形状品質や収量にどうしても影響がでること、遺伝子組み換え大豆の世界における生産状況などについてお話くださいました。
その後の意見交換では、有機農家が持続的に農業を行っていくための考え方・行動として、収量は一般的な方法に比べて4割あればよしとする、どれだけの収穫量があれば家族の生活が成り立つのかから逆算して農地の広さを決める、常にアンテナを張って情報収集する、また今後はAI・IT技術も活用しながら取り組んでいくと言ったコメント。教育に携わる方からは、小学生の子供たちにはぜひ野菜を作る体験をしてもらいたい、自分事として野菜作りの大変さや命の大切さを知ってもらいたいなどといったお話がありました。本日は、ご参加の皆さまから他にも広くご意見・ご感想を頂き有意義な意見交換の場となりました。相沢さんご参加の皆さんどうもありがとうございました。

<SDGs オンライン座談会 今後の予定>
※ 19:00~20:30 (オンライン接続 18:50~、 延長最大21時まで)
6月24日(木): 曹 英生 氏(老祥記代表取締役、南京町商店街振興組合理事長)
7月22日(木): 森 隼人 氏(森興産㈱代表取締役)
8月26日(木): 中貝 宗治 氏(前豊岡市長)